サイトマップ 会員サポート お問合せ 会社概要

2013年7月号
 

 

てんびん座

渡部潤一
国立天文台副台長

 春は地上が色とりどりの花ではなやかになるように,星空にもカラフルな星たちが輝く。とりわけ北斗七星からつづく壮大なアーチ「春の大曲線」の途中にあるオレンジ色の1等星,うしかい座のアルクトゥルスと,アーチの終着点にある白く輝く1等星,おとめ座のスピカの色の対比は,珊瑚星と真珠星といわれるほど美しい。今年はスピカの東側に,やや黄色がかった土星の輝きが,さらに色をそえている。
 黄道十二星座の中でも,明るい星が少なくて,星を結びにくい星座の一つが,「てんびん座」である。前号で紹介した,春の代表である「おとめ座」と,明るい星がみごとにS字カーブをえがいて並ぶ夏の代表「さそり座」という目立つ星座にはさまれて,ひっそりと輝いている。
 てんびん座には1等星,2等星はなく,三つの3等程度の星が,ひらがなの“く”の字を逆向きにしたような形に並んでいる。さらに東側,つまりさそり座側の暗い4等星,5等星の二つの星がわかれば,逆“く”の字の上の二つの星とあわせて,ひしゃげた台形ができる。これが天秤ばかりのお皿の一つに見立てられている。ちなみに逆“く”の字の最も下の星は,もう一方のお皿の中心にあたる。こちらのお皿は,星でつなぐことはできない。
 この夜空に浮かぶ天秤は,ギリシア神話ではおとめ座の女神が右手にもっている羽のペンと,死者の心臓とをくらべるためのはかりとされている。生前の人間の行いの善悪を裁くために使われるという。その起源は古く,メソポタミアでは死の天秤といわれていたようだ。生前の行いによって死後,地獄行きか極楽行きかにわかれるような話は,東洋では閻魔大王が決めることになっているが,同様の話はあちこちにあるのだろう。
 いずれにしろ,3等星と4等星からなる星座なので,かなり空の暗い場所でないと天秤の形を想像するのは困難で,さがしだすのもむずかしい星座の一つである。しかし,とくにてんびん座生まれの人は,一度は見てみたいにちがいない。東のさそり座の頭部から西にたどってさがすのが常道だが,今年は西側にとてもよい目印がある。おとめ座の端にある土星だ。
 6月から7月中なら,前回紹介したおとめ座の1等星スピカと土星を結び,そのまま東へ延長するといいだろう。すると,てんびん座でもっとも明るい2.6等星のズベンエスカマリに至る。この星は逆“く”の字の最も上の星で,緑色に見える星として有名である。ここから逆“く”の字をたどり,暗い空なら,ひしゃげた台形をたどってみてほしい。
 木星や土星のような惑星は黄道を移動していくので,しばしば目立たない星座の近くにやってきては,その星座の目印になる。なお,土星は来年の今ごろにはてんびん座の真ん中に輝くので,さらにさがしやすくなる。
 





この星図の日時
6月1日
 午後 11:00
6月15日
 午後 10:00
6月30日
 午後 9:00
7月15日
 午後 8:00
7月31日  午後 7:00

月の満ち欠け
(午後11時の位置)

5月25日  満月(望)
6月1日  下弦
6月9日  新月(朔)
6月17日  上弦
6月23日  満月(望)


 

 


6月13日
水星が東方最大離角。日没後の西の地平線で,水星が太陽から24度ほどはなれ,観察の好機となる。

6月20日
金星と水星の接近。日没後の夕方の西の地平線近くで明るく輝く宵の明星・金星が水星に2度まで近づく。この前後は金星を目印に水星をさがすチャンス。

6月21日
夏至。太陽の黄経が90度になって,北半球では最も太陽が高く上がり,1年のうちで昼間が一番長くなる。

6月23日
満月。今月の満月は,その距離35万km台と,今年の中では最も地球に近く,大きな満月になる。また南の空の低い位置に見えるので,気象条件次第では赤く見えるかもしれない。

6月27日
6月うしかい座流星群の極大。うしかい座に放射点をもつ小規模な流星群。まれに出現する流星群で,1998年に出現したが,その後は姿を見せていない。

 

 






グラフィックサイエンスマガジン「Newton」
次号予告
別冊
関連グッズ
バックナンバー
編集長の声


Newton電子出版
Web オリジナルシリーズ
ビジター体験版
ネット会員登録

Newtonデータベース
ノーベル賞科学者検索
博物館/研究所
イラストギャラリー
サイエンスニュース
役立つ科学リンク

Newton Press出版
ビジュアルサイエンス
生命科学関連書
自然科学単行本
ニュートンプレス選書
人文系一般書籍
その他書籍


トップへ戻る

(C) copyright. Newton Press Reserved.