サイトマップ 会員サポート お問合せ 会社概要
インフォメーション

 

 

2013年5月24日更新

 

第12回「積水化学 自然に学ぶものづくり」研究助成テーマ募集new
「積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」が,助成対象となる研究を募集します。今年度より従来の個人研究に加え,異分野の研究者が連携して行う共同研究も募集します。
●募集対象=地球環境を守り,枯渇する地下資源の代替を果たし,豊かな生活の到来に重要な役割を演じる生物模倣科学,バイオ技術,再生可能資源などを利活用する材料科学,および関連技術などを幅広く求めます。
●応募資格=原則として一つのテーマとして独立した個人研究,または異分野の研究者連携による共同研究が対象。
自由応募による完全公募制。
●助成金額=最高限度額「個人研究」300万円,「異分野共同研究」500万円/各件 (総額2500万円)
●助成条件=助成金使途に特別な制限はありません。
●助成研究期間=2013年10月〜2014年9月
●募集期間=2013年5月20日(月)〜2013年7月1日(月)必着
●結果通知=2013年9月上旬までにすべての応募者に書面で通知します。
●応募方法=くわしくは下記ウェブサイトをご覧ください。
URL:http://www.sekisui.co.jp/news/2013/1232154_2281.html
●お申し込み・お問い合わせ=
(株)積水インテグレーテッドリサーチ
「積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」事務局(担当:佐野,岩根)
〒601-8105京都市南区上鳥羽上調子町2番地の2
TEL:075-662-8604,FAX:075-662-8605
E-mail:shizen13@sirnet.jp
URL:http://www.sekisui.co.jp


 
 

こうもり博物館の「夜のいきもの観察会」開催! new
夕暮れの川面に飛び交うコウモリたち…。私たちの身近で生活している野生動物なのに,その生活の様子はほとんど知られていません。こうもり博物館の「夜のいきもの観察会」では,そんなコウモリの超音波を人間の耳に聞こえる音にする機械,コウモリ探知器(バットディテクター)を使って,コウモリを探します。どんな音が聞こえるでしょう?
●開催日時=6月8日(土)・7月20日(土)・8月24日(土)
●集合=こうもり博物館 18時30分  (奈良県奈良市広岡町213-3)
●参加費=一人500円(未就学児無料)
●各回定員=40名(要事前申し込み)
●スケジュール=
18時30分〜室内でコウモリに関するレクチャー 19時頃〜コウモリ探知器を持って,野外でのコウモリ観察 20時30分頃〜こうもり博物館に戻り,まとめ〜解散
●参加申込・問い合わせ= NPO法人東洋蝙蝠研究所・こうもり博物館
TEL: 0742-95-0023 FAX: 0742-95-0888
URL: http://www.abri.or.jp  

 
 

NTT コミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2013 new
NTT コミュニケーション科学基礎研究所では,6月6日・7日に「オープンハウス2013」を開催します。本催しでは,講演・展示を通じて最新の研究成果をご紹介いたします。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
●開催日=6月6日(木),7日(金)
●会場=NTT京阪奈ビル(京都府相楽郡精華町光台2-4 「けいはんな学研都市」)
●入場料=無料,事前登録不要(ご来場時に名刺を2枚ご持参ください)
●プログラム=
・所長講演:前田英作 (NTT コミュニケーション科学基礎研究所 所長)
果実(み)のなる樹木(き)を育てたい 〜「情報」と「人間」を結ぶ技術基盤の構築に向けて〜
・招待講演:若山正人 (九州大学 副学長 マス・フォア・インダストリ研究所 所長) 
数学からの新技術,そして産業からの新しい数学
・研究講演:4件
 ・ みんなの会話を聞き取るコンピュータを 目指して〜複数人会話音声認識研究の現状 と今後の展望〜
 ・ 身体のリアリティ〜私たちはどのように 自分の身体を認識するのか〜
 ・ 革新的発展期を迎えた機械翻訳〜統計翻 訳で越える技術文献の言葉の壁〜
 ・ 音や声から隠れた情報を取り出す〜確率的生 成モデルアプローチによる音声音響信号処理〜
・研究展示:30件(ビッグデータ解析:7 件,革新的コンピューティング:6件,メディアとコミュニケーション:9件,ヒューマンサイエンス:8件,詳細な最新情報は下記公式ウェブサイトでご確認ください)
●お問い合わせ=
日本電信電話株式会社  NTT コミュニケーション科学基礎研究所
TEL: 0774-93-5020 
E-Mail: cs-openhouse[at]([at]は@で置き換えてください)lab.ntt.co.jp
URL:http://www.kecl.ntt.co.jp/openhouse/2013/
 

 
 

「サマー・サイエンスキャンプ2013」参加者募集new
先進的な研究テーマに取り組んでいる日本各地の大学・公的研究機関,民間企業などを会場として,第一線で活躍する研究者・技術者から本格的な講義・実験・実習を受けることができる,高校生のための科学技術体験合宿プログラム。分野は,ライフサイエンス,情報通信,環境,ナノテクノロジー・材料,エネルギー,製造技術,(宇宙・海洋などの)フロンティア,農学,水産学,地球科学など。詳細はウェブでご確認ください。
●開催期間=2013年7月23日〜8月28日の期間中の2泊3日〜4泊5日
●開催場所=大学,公的研究機関,民間企業など(58会場)
●応募資格=高等学校,中等教育学校後期課程または高等専門学校(1〜3学年)などに在籍する生徒
●参加費=2,000円(食費の一部に充当。自宅と会場間の往復交通費は自己負担)
●応募方法= ウェブより募集要項・参加申込書を入手し,必要事項を記入の上,事務局宛に郵送
●応募締切=2013年6月14日(金)必着
●主催=独立行政法人 科学技術振興機構
●応募先・お問い合わせ先=
公益財団法人 日本科学技術振興財団 振興事業部内 サイエンスキャンプ本部事務局
TEL: 03-3212-2454 
FAX: 03-3212-0014
E-mail: camp-boshu25@jsf.or.jp
URL:http://rikai.jst.go.jp/sciencecamp/camp/
 

 
 

人類のはるかな旅路から未来を見つめる
アフリカで誕生した現生人類が6万年前に世界中に広がっていった旅路,「グレートジャーニー」。これを近代的動力を使わずにたどった探検家・関野吉晴の旅をもとに,「熱帯雨林」「高地」「極北」「乾燥地帯」など過酷な環境で暮らす人々の生活,その知恵や生き方をヒントに,これからの私たちの未来を考えていく。
●名称=【特別展】グレートジャーニー
人類の旅〜この星に,生き残るための物語。
●会場=国立科学博物館(東京都台東区上野 公園7-20)
●開催期間= 6月9日(日)まで
●入場料= 一般・大学生 1,500円(1,300円),
小・中・高校生 600円(500円)
※( )内は各20名様以上の団体料金
●開館時間=午前9時〜午後5時(金曜日は午後8時まで)入館は各閉館時刻の30分前まで
●休館日=毎週月曜日,5月7日(火) ただし,3月25日(月),4月1日(月),4月29日(月・祝),5月6日(月・祝)は開館。4月27日(土)〜5月6日(月・祝)の間は午後6時まで(ただし,5月3日(金・祝)は午後8時まで)
TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL: http://gj2013.jp/
 

 
 

「発掘!モンゴル 恐竜化石展」開催
本展は,世界でも有数の恐竜化石産地であるモンゴルのゴビ砂漠で発掘された化石を紹介する展覧会です。ゴビ砂漠では,20年前にはじまった日本の研究機関とモンゴルとの共同調査により新たな発見がつづいています。本展で展示する標本は,共同調査隊が発掘した標本をはじめ,ほとんどが「実物化石」で,モンゴルの恐竜の特徴を紹介するとともに,保存状態のよい実物化石からわかる恐竜の実態にせまります。 本展の招待券を,Newton読者10組20名様にプレゼントします。
●会期=2013年6月2日(日)まで
●会場=大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(大阪市・長居公園内)
●休館日=毎週月曜日(休日の場合は開館し,翌日休館。ただし2013年4月30日は開館),年末年始(12月28日〜2013年1月4日)
●開館時間= 2013年2月28日までは9時30分〜16時30分,3月1日からは9時30分〜17時 (入館時間はともに閉館の30分前まで)
●展示内容=
GOBI.1 ゴビ砂漠の多様な化石産地 地層のできた時代や当時の環境別に七つの発掘地を取りあげ,みつかる化石や発掘地ごとにことなる風景,発掘の方法などを紹介します。
GOBI.2 ゴビの化石が伝えるもの 子供の化石からわかる「恐竜の成長や子育て」,足跡化石からわかる「恐竜の行動や姿勢」,そして頭骨化石をCTスキャンを用いて調べる「恐竜の脳や感覚」など,さまざまな研究トピックを紹介します。
●公式ホームページ= http://www.gobidinosaur.com/
●応募方法=葉書に住所,氏名,年齢,電話番号,今月号の感想を明記し下記住所へ郵送
【〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー(株)ニュートンプレスNEWTON INFORMATION担当 チケットプレゼント係】
●応募期限=2013年1月28日(月)必着(当選発表は発送をもってかえさせていただきます)

 
 

「化石友の会」会員募集!
「化石友の会」とは,古生物学者になりたい,化石採集が趣味,など化石に興味をお持ちの皆さんから構成されている団体で,日本古生物学会によって運営されています。「化石友の会」に入会すると,古生物学会が年2回発行している専門誌『化石』の購読,『化石』誌内の「化石友の会コーナー」や「化石友の会」会員向けホームページでの情報共有,古生物学会が年2回各地で開催している研究集会・講演会への参加等のサービスが受けられます。
●入会対象=化石や古生物学に興味のある方
●入会方法=入会ご希望の方は以下の必要事項を問い合わせ先まで郵送,FAX,E-mailのいずれかの方法でお知らせください。その後,年会費3,500円の納入方法をお知らせします。
【氏名(漢字とローマ字も。未就学児の場合は保護者氏名もお願いします),生年月日,郵便番号・住所,電話番号,E-mailアドレス】
●お問い合わせ=〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷MTビル4階 日本古生物学会「化石友の会」事務局
TEL:03-3814-5490,FAX:03-3814-6216
E-mail: friends[at]([at]は@で置き換えてください)palaeo-soc-japan.sakura.ne.jp 
URL: http://www.palaeo-soc-japan.jp/friends/index.html

 
 
 
 
 
 




ネット会員登録はこちら

グラフィックサイエンスマガジン「Newton」

次号予告
別冊
関連グッズ
バックナンバー
編集長の声
Newton WEB特別編集版

Web オリジナルシリーズ
ビジター体験版
ネット会員登録


Newtonデータベース
ノーベル賞科学者検索
博物館/研究所
イラストギャラリー
サイエンスニュース
役立つ科学リンク


NewtonPress出版
ビジュアルサイエンス
生命科学関連書
自然科学単行本
ニュートンプレス選書
人文系一般書籍
その他書籍



トップへ戻る